カーディフ・チーム習作 かーでぃふちーむしゅうさく

絵画  水彩 / ヨーロッパ 

ロベール ドローネー (1885-1941年)
どろーねーろべーる
1913~1922年頃
紙,鉛筆
28.0 x 23.5cm,52.3 x 43.0cm

 初期に印象主義、キュビスムの時期を経ている。1910年にソニア・テルクと結婚し、ともに色彩と動勢の追求に進み、アポリネールからオルフィスムと命名された。エッフェル塔、飛行機、フットボール(『カーディフ・チーム』1912-13年)などの近代的な要素を取り上げ、また純粋抽象の作風に達した。

作品所在地の地図

関連リンク

カーディフ・チーム習作チェックした作品をもとに関連する作品を探す

コンポジション
コンポジション

三岸好太郎

鏡

ヴァシリー カンディンスキー

夕暮れ
夕暮れ

ヴァシリー カンディンスキー

たのしき飛翔『バウハウス・マイスター版画作品集』より
荒天
荒天

国吉康雄

ページトップへ