紺紙金字 無量義経 断簡 (厳島切) こんしきんじ むりょうぎきょう だんかん いつくしまぎれ

 / 平安 / 日本 

平 頼盛 (1131-3 - 1186)
たいらの よりもり
日本
平安/1170-1172
紺紙金字
26.3×5.9cm
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 この経切は、平清盛・弟頼盛が厳島に奉納した法華経八巻・無量義経・観普賢経各一巻計十巻のうち、無量義経の断簡である。
 各経巻は、初めの数行を清盛、後を頼盛が書きついだ両筆経で、表紙は紺紙に金銀泥で宝相華唐草文が、見返しは金銀泥で釈迦説法図もしくは経意絵が描かれ、本紙は紺紙に銀界を引き、金字で書写されている。現在厳島神社には法華経七巻、観普賢経一巻が所蔵され、国宝に指定されている。
 法華経巻四と無量義経一巻の二巻は早くから流出し、無量義経は寸断され「厳島切」として世の中に流布している。(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012)

作品所在地の地図

関連リンク

紺紙金字 無量義経 断簡 (厳島切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺紙金字無量義経(平基親願経)
無量義経・観普賢経
妙法蓮華経巻第五
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
紺紙金字  道神足無極変化経  巻上
ページトップへ