法華一品経和歌二首懐紙 譬喩品 ほっけいっぽんきょうわかにしゅかいし ひゆほん

 / 平安 / 日本 

平 行盛 (-1185)
たいらの ゆきもり
日本
平安時代/12世紀
紙本墨書
27.4×47.1cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
海の見える杜美術館

 平清盛の孫行盛が、法華経譬喩品の経意と述懐を詠んだ懐紙である。これと一連の計十四枚が一括して国宝に指定されている。
 平家の公達として文治元年(一一八五)壇ノ浦で平家一門とともに入水した。歌人としてもすぐれ、新勅撰集に収められているが、その遺墨はこれが唯一と思われる。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

法華一品経和歌二首懐紙 譬喩品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法華一品経和歌二首懐紙  嘱累品
大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
紺紙金字  無量義経  断簡  (厳島切)
妙法蓮華経  巻第五 提婆達多品第十二
御和歌三首懐紙  「閑庭菊」
御和歌三首懐紙 「閑庭菊」

上乗院宮道永法親王

ページトップへ