消息 御姫宛 七月吉日 「此月中ニ」 しょうそく おんひめあて しちがつきちじつ こんげつちゅうに

 / 安土・桃山 / 日本 

細川 三斎(忠興) (1563-1645)
ほそかわ さんさい ただおき
日本
安土桃山時代末期/16世紀末期
紙本墨書
31.0×46.0cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
海の見える杜美術館

 折紙形式で女性宛であるから仮名書きの消息である。
 三斎は細川幽斎の嫡男忠興で室はガラシャ。信長・秀吉に仕え、関ヶ原戦以後家康に従った。和歌・茶道にも秀れ、千利休門下七哲の一人である。内容は目出度い吉報を早く知らせるために三人急使を走らせ、詳しくは政所へ改めて申し上げますと述べている。
 宛名の「御姫」は明らかにしない。初めの「已上」は返し書き(追而書)の無い意である。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

消息 御姫宛 七月吉日 「此月中ニ」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

消息  大僧正宛 「こん日上様」
書状 正月廿日  「其方事」
消息 廿日  「びんぎながら」
消息 廿日 「びんぎながら」

芳春院(前田 まつ)

消息  愛宕円福寺宛 二日  「にしの丸様へ」
消息
消息

細川ガラシャ筆

ページトップへ