書状 正月廿日 「其方事」 しょじょう しょうがつはつか そのほうこと

 / 安土・桃山 / 日本 

毛利 輝元 (1553-1625)
もうり てるもと
日本
安土桃山時代/16世紀末期
紙本墨書
25.8×40.6cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
海の見える杜美術館

 宛名は不明であるが、折紙形式の書状を広げたまま表具したので下部が逆になっている。書き出しに「其方事」とあって目下の者への簡単な内容で、来る二十三日に相違なく罷り出よ、委細は使者の綿貫が申すと達者な速筆で書かれている。
 輝元は元就の孫、織田信長と対立、本能寺の変後は秀吉に属して広島を本拠とし、島津征伐や文禄・慶長の役に従軍。五大老の一人となったが、関ヶ原戦のあとは周防・長門二国に減封された。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

書状 正月廿日 「其方事」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
御書状  曼殊院覚恕宛  「如仰昨日は」
書状  西洞院時慶宛 七月廿三日  「書状披見候」
書状  東海寺侍者宛 正月三日  「改年之御慶」
消息 廿日  「びんぎながら」
消息 廿日 「びんぎながら」

芳春院(前田 まつ)

ページトップへ