書状 紹二老宛  九月二日 「俄之儀候」 しょじょう しょうじろうあて くがつふつか にわかのぎそうろう

安土・桃山 / 日本 

本阿弥 光悦 (1558-1637)
ほんあみ こうえつ
日本
安土桃山時代/16世紀末から17世紀初め
紙本墨書
17.9×48.0㎝
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 急に思い立って御茶事に招待の書状で、急いだ速筆の省略した文字は読みづらく、前後の文意から判読した。文字通りの走り書きの要件のみの文面ではあるが、短い文面にも達者な筆鋒が踊って見える。大振りの文字は三藐院と通じるところがあり、古典に立脚した書風でありながら、独特の光悦流の真骨頂を表している。さすがに近世三筆と称されるわけである。紹二老は茶杓削りの名人で、利休茶杓の下削りをした千紹二、利休の娘婿である。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

書状 紹二老宛  九月二日 「俄之儀候」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書状   芝 監物宛 七日  「従堺直に御城」
書状  徳順老宛  十一月八日  「先刻預御状」
書状 「出度已来」
書状  土形宛 十一月廿五日  「就下国之儀」
書状  冨左正宛  九 十五日  「来十七日」
ページトップへ