消息 廿日 「びんぎながら」 しょうそく はつか びんぎながら

江戸 / 日本 

芳春院(前田 まつ) (1547-1617)
ほうしゅんいん まえだ まつ
日本
江戸時代初期/1600-1614
紙本墨書
34.2×52.6cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 金沢藩主前田利家の正室、前田まつの折紙消息。利家は豊臣五大老の一人であったが、その死後嫡男利長の時に家康に対する配慮から、芳春院は人質として十五年間江戸で過ごした。この消息は江戸在住中と考えられ、宛名は帯封を切ったので「かも□」と不詳である。二人の小袖を送る祝儀の内容で、「ひせん事」は備前守利長かと思われる。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

消息 廿日 「びんぎながら」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
消息  大僧正宛 「こん日上様」
書状 正月廿日  「其方事」
消息  愛宕円福寺宛 二日  「にしの丸様へ」
御書状  「御庭前花盛」
御書状 「御庭前花盛」

伝 青蓮院宮尊円法親王 

ページトップへ