Drawing of Peony

Details

Drawing of Peony

Edo / Japan

Empress Meisho (1624-1696)

めいしょうてんのう

Japan

Edo period/17th century

Ink on paper

43.1×30.0㎝

1

10701 Kamegaoka, Ohno, Hatsukaichi, Hiroshima, JAPAN

海の見える杜美術館

 淡墨のさわやかな筆の運びは席画であろうか。日常に絵筆をたしなまれた様子が想像され、また御趣味として手芸を好まれ、押絵の作品が由緒の寺院に伝えられている。
 在位期間は六歳から二十歳の十五年間。直接政務に携わらなくとも、徳川家康の孫、現将軍家光の姪として、その存在自体が、朝廷と幕府の関係修復に関わることであり、重要な役割を果たした。
 母東福門院は押絵を得意とし、明正天皇にその技術を伝えたものと思われる。本作品のほかに二点同様の作品が未表具の状態で伝わるが、一連の作品は押絵の下絵あるいは構想画とも考えられようか。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

Search by Drawing of Peony

Search by Empress Meisho

Search by Umi-Mori Art Museum

Keywords

天皇 / Japan / いざなう / 深遠

Related Works

Search items related to work chosen