御消息 「ただいまのはな」 おんしょうそく ただいまのはな

 / 室町 / 日本 

後柏原天皇 (1464-1526)
ごかしわらてんのう
日本
室町時代/15世紀末から16世紀初め
紙本墨書
34.7×52.9cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 明応九年(一五〇〇)、後土御門天皇の崩御を受けて天子の位を受け継いだ。応仁の乱後で世の中は混乱し、公卿は離散、朝廷の財政も苦しい時代で、治世は二十六年におよぶが、即位の礼をあげたのは、ようやく費用が整った二十一年後であった。苦しむ民を思い続けた情け深い天皇だったと言われている。
 女房奉書風に散らし書きの仮名御消息である。花の風情を賞でられた内容であるが、字配りから見て、断簡か更に礼紙が沿っていたか判然としない。墨の濃淡に意を用いられた美しい筆致が見どころである。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

御消息 「ただいまのはな」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竹の落葉
消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
御書状  「御念入候」
御和歌懐紙  「杜間郭公」
和歌御詠草  「たのむぞよ」
ページトップへ