消息 大僧正宛 「こん日上様」 しょうそく だいそうじょうあて こんにちうえさま

江戸 / 日本 

英勝院 (1578-1642)
えいしょういん
日本
江戸時代初期/1616
紙本墨書
32.5×48.0cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 徳川家康の側室、於勝の方の折紙消息である。「こん日上様(家康)御機嫌よく御本丸へ云々」御機嫌・御気色など、家康の健康への気配りの言葉が所々に見え、最晩年の様相が伺われる。宛名の大僧正は江戸寛永寺開山天海で、元和二年(一六一六)に大僧正となっており、家康はその年四月十四日に没しているから、この消息の書かれた時代がおのずから明らかである。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

消息 大僧正宛 「こん日上様」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
消息 廿日  「びんぎながら」
消息 廿日 「びんぎながら」

芳春院(前田 まつ)

御書状  「立札通」
御書状 「立札通」

聖護院宮 興意法親王

消息  愛宕円福寺宛 二日  「にしの丸様へ」
竹の落葉
ページトップへ