法華一品経和歌二首懐紙 嘱累品 ほっけいっぽんきょうわかにしゅかいし ぞくるいほん

 / 室町 / 日本 

尭孝 (1391-1455)
ぎょうこう
日本
室町時代中期/16世紀中期
紙本墨書
25.7×44.2cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
海の見える杜美術館

 僧尭孝は和歌四天王の一人頓阿の曾孫。室町時代の二条派歌人として活躍した。法華経嘱累品と懐旧を詠む。嘱累品は修業して体得した佛法の教えを末永く世々に伝えよと念願の意である。懐旧は死別した個人との別れの神無月に再び巡ってきて、悲しみの涙で袖も乾かぬ思いを訴えた内容である。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

法華一品経和歌二首懐紙 嘱累品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法華一品経和歌二首懐紙  譬喩品
消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
御和歌懐紙  「杜間郭公」
大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
御和歌三首懐紙  「閑庭菊」
御和歌三首懐紙 「閑庭菊」

上乗院宮道永法親王

ページトップへ