文化遺産オンライン

和歌一首懐紙 「雪中富士」

わかいっしゅかいし せっちゅうふじ

作品概要

和歌一首懐紙 「雪中富士」

わかいっしゅかいし せっちゅうふじ

/ 江戸 / 日本

烏丸 光広  (1579-1638)

からすまる みつひろ

日本

江戸時代初期/17世紀初期

紙本墨書

38.1×49.8cm

1

広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701

海の見える杜美術館

 見るからに奔放な筆づかいで、筆触の乱れも意に介せず一気に筆を走らせた爽快な感がある。光広は江戸初期の公卿・歌人。書画を能くし、明快な覇気ある書は寛永三筆に匹敵する。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

和歌一首懐紙 「雪中富士」をもっと見る

烏丸 光広をもっと見る

海の見える杜美術館をもっと見る

キーワード

名筆 / Japan / いざなう / 深遠

関連作品

チェックした関連作品の検索