和歌御詠草 「あたらしき」 わかごえいそう あたらしき

 / 江戸 / 日本 

伏見宮 貞建親王  (1701-1754)
ふしみのみや さだたけしんのう
日本
江戸時代中期/18世紀前期
紙本墨書
30.7×42.8cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 鎌倉時代末の皇統、持明院統の伏見天皇は平安時代の上代様と呼ぶ和様を復興された名筆で知られ、その流れを伏見院流と称し、その伝統を見せる清廉な連綿体が美しい。改まった懐紙には見られない自由な散らしの中に、室町時代に定まった一句三句五句の墨継ぎが濃淡の奥行きとなっている。年頭の自詠の御和歌である。
 享保年間(一七一六―一七三五)、伏見邸が出町北鴨口(河原町今出川下ル)に移転となった翌年のものであろうか。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

和歌御詠草 「あたらしき」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御和歌三首懐紙  「閑庭菊」
御和歌三首懐紙 「閑庭菊」

上乗院宮道永法親王

御和歌二首懐紙  「晴夜月」
御和歌二首懐紙 「晴夜月」

有栖川宮 織仁親王

白菊図  自画賛
白菊図 自画賛

一乗院宮 真敬法親王  

消息  御姫宛 七月吉日  「此月中ニ」
竹の落葉
ページトップへ