一行書 庶事無留是其勤也 いちぎょうしょ しょじとどまることなし これそのつとめなり

 / 江戸  明治 / 日本 

有栖川宮 熾仁親王 (1835-1895)
ありすがわのみや たるひとしんのう
日本
江戸時代末明治初/19世紀後期
絹本墨書
120.1×32.7cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
海の見える杜美術館

 有栖川宮家は、霊元天皇第十七皇子職仁親王により創められた独自の鋭い筆法を示す書流で、宮廷内で受け継がれている。然し熾仁親王は短冊など仮名書き以外は図版に見せる重厚な和様である。この大字八文字は、中国梁の武帝(五世紀)の格言として南史より出典、政務は万事滞ることなく処理するのが勤めである、の意である。親王は、明治初年戊辰戦争では東征軍大総督であった。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

一行書 庶事無留是其勤也チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御短冊  「朝落葉」
御短冊 「朝落葉」

昭憲皇太后

御一行書  天神名号
御一行書 天神名号

後陽成天皇

御短冊  「寄弓恋」
御短冊 「寄弓恋」

昭憲皇太后

御和歌二首懐紙  「晴夜月」
御和歌二首懐紙 「晴夜月」

有栖川宮 織仁親王

竹の落葉
ページトップへ