文化遺産オンライン

御短冊 「寄弓恋」

おんたんざく よせるゆみこい

作品概要

御短冊 「寄弓恋」

おんたんざく よせるゆみこい

明治 / 日本

昭憲皇太后  (1849-1914)

しょうけんこうたいごう

日本

明治時代後期/19世紀末20世紀初

紙本墨書

35.6×5.5㎝

1

広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701

海の見える杜美術館

 自詠の御和歌で大意は、誰かを恋い慕う心は(心が)引かれるにかかる枕詞「白真弓」という名があってゆかしいことではないか、と詠まれている。
 有栖川流の書道は有栖川宮家の祭祀を継承された高松宮家において喜久子妃殿下が修められ、現在は常陸宮華子妃殿下が引き継がれて修学の由である。皇室のみに伝承される書道である。神社の社号額に見受けられる。
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

御短冊 「寄弓恋」をもっと見る

昭憲皇太后をもっと見る

海の見える杜美術館をもっと見る

キーワード

名筆 / いざなう / 深遠 / Japan

関連作品

チェックした関連作品の検索