書状 廿六日 「昨日者」 しょじょう にじゅうろくにち さくじつは

江戸 / 日本 

近衛 家熈 (1667-1736)
このえ いえひろ
日本
江戸時代中期/17世紀末から18世紀初め
紙本墨書
15.7×67.1cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

近衛家熈は、江戸中期の摂政太政大臣、予楽院と号した。詩歌・書画のほか学芸万般に通じた文化人であった。特に書道は天皇家に最も近い五摂家一の名門として、家伝の平安時代関白道長以来の名跡を臨書し尽している。
 その名跡は、現在陽明文庫として臨書とともに京都に保存されている。此の書状は巻紙で友人の来訪を待ち、白楽天の「新楽府」や空海の「十喩詩」についても相互研究の様子が知られる。 
(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

書状 廿六日 「昨日者」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伝 橘逸勢筆  伊都内親王願文(臨模)
御書状  曼殊院覚恕宛  「如仰昨日は」
書状  佐川田喜六宛  七日 「昨日は被召寄」
書状  西洞院時慶宛 七月廿三日  「書状披見候」
御和歌懐紙  「杜間郭公」
ページトップへ