延慶2年書写灌項式次第書 えんぎょうにねんしょしゃかんじょうしきしだいしょ

文書・書籍 / 鎌倉 / 香川県 

宥範 (1270~1352)
ゆうはん
香川県高松市
鎌倉時代(延慶2年12月17日)/1309
巻子
28.5×207.1
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

宥範が、密教の重要儀式である伝法灌頂の作法について書き写したもの。宥範は延慶2年、京都山科の安祥寺を訪ね、以後18年間、安祥寺流の奥義を伝授された。本書はその最初の年に書写されたもの。

作品所在地の地図

関連リンク

延慶2年書写灌項式次第書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安祥寺資財帳
太刀〈銘元重/〉
法華経 巻第八 延慶三年十月廿三日伏見天皇宸筆奥書
牛伏寺光明真言頌
牛伏寺光明真言頌

法印権大僧都宥快

讃岐彫堆朱手向山香盒(象谷作/嘉永四年十月/京都北野天満宮奉納)
ページトップへ