Kusumorikawakitakejuutakuzaimokugoya

楠森河北家住宅材木小屋

Details

Kusumorikawakitakejuutakuzaimokugoya

楠森河北家住宅材木小屋

住居建築 / 明治 / 九州

福岡県

明治/1868-1911

土蔵造2階建、瓦葺、建築面積95㎡

1棟

福岡県うきは市浮羽町山北2056

登録年月日:20040302

登録有形文化財(建造物)

桁行約16mの土蔵造で,西側に秤蔵が接続する。屋根は東西棟の切妻造,桟瓦葺で,南面に戸口を2箇所設け,庇を付ける。外壁は漆喰塗だが,内部は東西に分かれ,西側は2階建になるが,東側は吹き抜けの広大な1室とする。屋敷内で最も大きい収納施設。

Related Works

Search items related to work chosen