楠森河北家住宅座敷 くすもりかわきたけじゅうたくざしき

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 九州 

福岡県
明治/1868-1911
木造平屋建、瓦葺、建築面積83㎡
1棟
福岡県うきは市浮羽町山北2056
登録年月日:20040302
登録有形文化財(建造物)

主屋の南西方に接続して建つ離れ座敷。木造平屋建,3室からなるL字型平面で,屋根は南北棟の入母屋造で下屋を廻し,南面東側は寄棟造屋根を突出する。全体に繊細な数寄屋風のつくりで,軒下の小壁に軒丸瓦を嵌め込んで飾るなど,要所に趣向を凝らしている。

作品所在地の地図

関連リンク

楠森河北家住宅座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楠森河北家住宅主屋
楠森河北家住宅新座敷
楠森河北家住宅味噌部屋
楠森河北家住宅炭部屋
楠森河北家住宅秤蔵
ページトップへ