楠森河北家住宅新座敷 くすもりかわきたけじゅうたくしんざしき

住居建築 / 大正 / 九州 

福岡県
大正/1912-1925
木造平屋建、瓦葺、建築面積71㎡
1棟
福岡県うきは市浮羽町山北2056
登録年月日:20040302
登録有形文化財(建造物)

主屋南面の東に廊下で結ばれている接客用の座敷。木造平屋建,入母屋造,桟瓦葺で,下屋を廻す。内部は1間半の大床を備えた12畳半の1室で,周囲に縁側を設け,開放的な扱いとする。良材を用いた丁寧なつくりになり,壁や欄間などの造作も手が込んでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

楠森河北家住宅新座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楠森河北家住宅座敷
楠森河北家住宅主屋
楠森河北家住宅味噌部屋
楠森河北家住宅炭部屋
楠森河北家住宅秤蔵
ページトップへ