楠森河北家住宅主屋 くすもりかわきたけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 明治 / 九州 

福岡県
明治/1881
木造2階建、瓦葺、建築面積254㎡
1棟
福岡県うきは市浮羽町山北2056
登録年月日:20040302
登録有形文化財(建造物)

東面して建つ妻入の木造2階建。屋根は,東面入母屋造,西面切妻造,桟瓦葺で,各面には高さの異なる下屋を廻し,南面や西面に角屋を突出するなど,複雑な平面に対応した変化ある外観をつくる。上層民家に相応しい雄大な規模と,格式のある構成を備えている。

作品所在地の地図

関連リンク

楠森河北家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楠森河北家住宅味噌部屋
楠森河北家住宅炭部屋
楠森河北家住宅秤蔵
楠森河北家住宅座敷
楠森河北家住宅新座敷
ページトップへ