楠森河北家住宅米蔵・器蔵 くすもりかわきたけじゅうたくこめぐら・うつわぐら

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 九州 

福岡県
江戸/1812/1857増築
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積45㎡
1棟
福岡県うきは市浮羽町山北2056
登録年月日:20040302
登録有形文化財(建造物)

南北棟の切妻造,桟瓦葺,2階建の土蔵で,外壁は漆喰塗,腰を縦板張とする。北半分の米蔵は棟木に文化9年の墨書,南半分の器蔵は柱に安政4年の墨書があり,器蔵が増築されて現状になった。窓及び庇のつくりや位置などの違いに建築時期の差が現れている。

作品所在地の地図

関連リンク

楠森河北家住宅米蔵・器蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楠森河北家住宅炭部屋
楠森河北家住宅味噌部屋
楠森河北家住宅材木小屋
楠森河北家住宅秤蔵
楠森河北家住宅主屋
ページトップへ