楠森河北家住宅味噌部屋 くすもりかわきたけじゅうたくみそべや

住居建築 / 明治 / 九州 

福岡県
明治/1868-1911/1912-1925増築
土蔵造平屋建、瓦葺、建築面積23㎡
1棟
福岡県うきは市浮羽町山北2056
登録年月日:20040302
登録有形文化財(建造物)

主屋の西方にある。木造平屋建,南北棟の切妻造,桟瓦葺で,東面に戸口を設け,東と西の各面に虫籠窓を設ける。外壁は軒裏まで塗込めた荒壁仕上で,腰は縦板張とする。南妻面の下屋は大正期の増築である。主屋北西方の裏庭空間の構成要素のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

楠森河北家住宅味噌部屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

楠森河北家住宅炭部屋
楠森河北家住宅主屋
楠森河北家住宅米蔵・器蔵
楠森河北家住宅新座敷
楠森河北家住宅秤蔵
ページトップへ