ナンバ なんば

民俗  有形民俗文化財 / 日本 

幅82.5 長さ19.5 高さ2.5
1足
会津若松市湊町

猪苗代湖周辺にのみ現存する横長型の湿田で用いた代踏み用田下駄です。杖をついて身体のバランスをとり踏み込みます。田植えが終わると、ナンバ洗いといって早苗でナンバを洗う仕事を行います。他地方の馬鍬洗いです。同型のものは、静岡県の弥生時代の農耕遺跡からも出土しています。

作品所在地の地図

関連リンク

ナンバチェックした作品をもとに関連する作品を探す

オオアシ(大足)
タゴシラエグワ(田ごしらえ鍬)
ヒラキ
ナンバ
天神沢遺跡出土石庖丁
ページトップへ