童女図(麗子立像) どうじょず(れいこりつぞう)

油彩画 / 大正 / 日本 

岸田劉生 (1891-1929)
きしだりゅうせい
1923
油絵具,カンヴァス
53.3×45.8
神奈川県立近代美術館

 「これは余の肖像画の中でも最もすぐれたものであらう」と、劉生は完成した日の日記(1923年4月15日)に書いている。前の年から描きはじめて、かなり時間をかけて仕上げた一点である。着物は、麗子像にしばしば見られる赤い総しぼり柄のもの。切れ長の眼を強調した冷たい麗子の表情には、ある種の凄みが感じられる。緻密に描写された着物の細かな柄としっとりと重量感のある質感が、その魅力をひときわ際立たせている。1923年5月の第1回春陽会展に出品された

作品所在地の地図

関連リンク

童女図(麗子立像)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

麦二三寸
麦二三寸

岸田劉生

自画像
自画像

岸田劉生

麗子肖像(麗子五歳之像)
檸檬持てる少女
檸檬持てる少女

三岸好太郎

自画像
自画像

三岸節子

ページトップへ