壱岐神楽 いきかぐら

無形民俗文化財 / 九州 

指定年月日:19870108
保護団体名:壱岐神楽保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 壱岐神楽は、壱岐島の各神社の祭礼の際に舞われる採物【とりもの】神楽の一種であり、神社の拝殿あるいは神前の斎場に神楽座を特設して舞われる。
 吉野家文書によれば、永享七年(一四三五)十一月に「神楽舞人数の事」と題して二五人の神楽人の名前が記録されており、壱岐島では、古くから神楽が舞われていたことが知られる。その後、文明四年(一四七二)には、肥前岸岳城主波多泰【はたしん】が壱岐を領有し、この全島の社家【しやけ】は十一月に領主の館において御竈祭【かまどまつり】の大神楽を奉仕するのを例とした。さらに元亀年間(一五七〇~一五七三)、壱岐が平戸の松浦氏の領地となったので、壱岐の惣神主【そうかんぬし】吉野甚五左衛門末秋【すえたけ】が壱岐の社家二十余名を率いて平戸の松浦氏の居城に赴き、御竈祭を奉仕して、神楽を舞ったといわれ、その後は、平戸地方の社家と共同してこの祭りで神楽を演じ、互いにその技を伝えあったとされている。また、壱岐の社家の人々は代々神楽歌の改訂などに取り組み、この地方独特の神楽を作りあげた。
 この神楽の演目は、一般に三十三番といわれているが、今日、伝承されているものは、神遊【かみあそ】び、四本幣【しほんべい】、二本幣【におんべい】、注連舞【しめまい】、眞榊【まさかき】、野槌【のづち】、鉾【ほこ】、八咫烏【やたがらす】、橘【たちばな】、殿保賀比【とのほがい】、神酒保賀比【みきほがい】、四剣【しけん】、二剣【にけん】、四弓【しきゆう】、二弓【にきゆう】、五方【ごほう】、神代語【かみよがたり】、大諄辞【ふとのりと】、猿田彦【さるたひこ】、鈿女【う…

関連リンク

壱岐神楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平戸神楽
平戸神楽
椎葉神楽
大元舞
祓川の神舞
ページトップへ