遊佐家住宅味噌部屋 ゆさけじゅうたくみそべや

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 東北 

宮城県
大正/1912-1925
木造平屋建,瓦葺,建築面積10㎡
1棟
宮城県大崎市鳴子温泉字馬場102
登録年月日:19981211
登録有形文化財(建造物)

主屋の西側に位置し,大壁造とする小規模な切妻造,平入,桟瓦葺の建屋。妻側は簡単な和小屋組とするが,中央部は梁行の柱筋に湾曲した梁材を渡し母屋桁を載せただけの構造になる。屋敷構えを構成する要素で,遺存例が比較的少なく貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

遊佐家住宅味噌部屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遊佐家住宅材料小屋
遊佐家住宅外風呂
鎌田家住宅長屋門
海老喜旧醤油仕込蔵(海老喜ホール)
ゆさや旅館土蔵
ページトップへ