鎌田家住宅長屋門 かまたけじゅうたくながやもん

住居建築 / 江戸 / 東北 

宮城県
江戸/1751-1829
木造平屋建,鉄板葺,建築面積46㎡
1棟
宮城県大崎市鳴子温泉字野際146
登録年月日:19981211
登録有形文化財(建造物)

主屋の南側にある入母屋造,鉄板葺(もと茅葺)の大型の長屋門で,両脇の部屋は開口部がほとんどなく閉鎖的な構えになる。漆喰塗の外壁に腰板を張る。柱や梁など軸部材の大半は製材した直材を用いる。旧家の格式を示す長屋門として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

鎌田家住宅長屋門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎌田家住宅主屋
遊佐家住宅材料小屋
遊佐家住宅味噌部屋
遊佐家住宅主屋
板垣家住宅主屋
ページトップへ