ランタカ砲 らんたかほう

金工 / その他アジア 

東南アジア
17~18世紀
青銅製
全長86.5㎝/口経2.9㎝
1門

フランキ砲に代わり、17世紀から製作されはじめた艦船用の様式大砲。小型ではあるが、支柱を中心に回転ができるため射程範囲が広がり、威力を増した。砲口は八弁の花びら状となり、砲身に鋸(きょ)歯(し)文(もん)を組み合わせた文様を施すなど、東南アジア製の特徴を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

ランタカ砲チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ボンベン野戦砲(施条カノン砲)
カノン砲雛形
試薬臼砲(プルーフ・モルチール)
ナポレオン式四斤野砲
モルチール砲(臼砲)
ページトップへ