河合家住宅露地門及び仕切り塀 かわいけじゅうたくろじもんおよびしきりべい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 近畿 

京都府
大正/1912-1926/1926-1945改修
露地門 木造、竹葺、間口1.4m 仕切り塀 土塀、延長3.0m
1棟
京都府長岡京市粟生梶ケ前19
登録年月日:20110126
登録有形文化財(建造物)

主屋と土蔵との間に露地門と仕切り塀が東西に続き、庭を間仕切る。仕切り塀は延長三・〇メートルの練塀で、東端、主屋式台脇に接して露地門が建つ。間口一・四メートルの腕木門。屋根は切妻造、孟宗竹を半割にして輪違いに並べて葺く、珍しい仕様になる。

作品所在地の地図

関連リンク

河合家住宅露地門及び仕切り塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤野家住宅露地門及び塀
横内家住宅露地門及び塀
佐藤家住宅露地門及び庭塀
榎原家住宅露地門及び塀
河合家住宅築地塀
ページトップへ