Taireifuku

大礼服

Details

Taireifuku

大礼服

工芸品 / 染織 / 明治 / 日本 / 九州 / 佐賀県

明治13年頃/1880年頃

黒羅紗地

(上衣)後丈90.5cm (ズボン)丈101.5cm

1着

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

明治13年(1880)3月8日付で特命全権公使イタリア在勤を命じられた11代鍋島直大が持参した大礼服。帽子・上着・ベスト・ズボン・肩章・剣釣からなる燕尾服で、黒羅紗地に五七の桐紋と蔓模様が金刺繍であらわされる。大礼服は明治5年に制定されて以来度々改定され、同17年10月には飾章まで細かく制定された。文官の大礼服は19年に確定するが、この大礼服はそれ以前の原型といえ、大変貴重なものである。この大礼服を着用した「鍋島直大像」(百武兼行筆)はローマで描かれ、帰国の年の明治15年2月11日に完成した。

Search by Taireifuku

Search by 徴古館

Keywords

着用 / 模様 / Edo / Textiles

Related Works

Search items related to work chosen