鬼丸聖堂の聖像 おにまるせいどうのせいぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻  木像  金属像 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

不詳/水谷作之進
みずたにさくのしん
江戸時代/宝暦12年/1762年
銅製 彩色/木製 彩色 寄木造り
(孔子)像高62.0cm (顔子)像高60.0cm
3躯
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会
佐賀市指定重要文化財

佐賀城の南西に位置する鬼丸聖堂に安置されていた孔子倚座像・顔子立像・不詳立像の三体。孔子像は銅製の倚座像で全体に極彩色が施され、弟子2躯は木造で厚く胡粉をぬり彩色を施す。従来、3像の制作年は『綱茂公御年譜』の記述より鬼丸聖堂が城内から移建された元禄年間とされていたが、胎内蔵の紙片銘により、弟子2躯は宝暦12年(1762)の作ということが判明した。鬼丸聖堂は弘化3年(1846)に取り壊され、この3体と天縦殿扁額は藩校弘道館に安置された。江戸時代における佐賀藩の学問の精神を今に伝える資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

鬼丸聖堂の聖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天縦殿扁額
天縦殿扁額

鍋島宗茂

観頤荘図
観頤荘図

成富椿屋

曾子・子貢・子路図
曾子・子貢・子路図

3代佐賀藩主鍋島綱茂

致道館祭器 附絹本著色聖賢画像1幅
佐嘉小城内絵図
ページトップへ