文化遺産オンライン

しょう

作品概要

しょう

考古資料 / 奈良県

中国・前漢 紀元前3~1世紀

突帯象嵌

高30.9 口径11.6

1個

 戦国期から漢代にかけての青銅製の壼類として、定型化した鍾(しょう)といわれる器形の平面形の円形を呈するものと、これに対応して鈁(ほう)という平面形方形のものとが、大量に作られた。主に副葬用として作られたらしく、漢代には新たに登場した低火度鉛釉(ていかどなまりゆう)の陶器の鍾や鈁が副葬用としてやはり大量に作られた。当コレクションにはこうした青銅製の鍾・鈁が数点ずつ含まれている。特に鍾は、戦国期以前から少しずつ変化してきた様子がわかる。

坂本コレクション 中国古代青銅器. 奈良国立博物館, 2002, p.54, no.218.

をもっと見る

奈良国立博物館をもっと見る

キーワード

戦国 / 青銅器 / 紀元前 / 坂本

関連作品

チェックした関連作品の検索