文化遺産オンライン

てい

作品概要

てい

考古資料 / 奈良県

中国・春秋中期 紀元前7世紀

S字鳥紋

高31.1 口径25.1

1個

 当コレクションには商代から漢代に至るまでの形や文様の変化をたどることのできる鼎(てい)が数多く含まれている。西周期から春秋期にかけて、器形の上では器身が浅くなり、足が獣の足のようなふくらみを持つ獣蹄足(じゅうていそく)となる。また、少しずつ文様が簡便となり、シンプルになってゆく様子がよくわかる。文様に特別な意味の付加されなくなった鼎は、西周後期から諸侯(しょこう)・士大夫(したいふ)等の地位の象徴としてその所持数に意味があったといわれている。

坂本コレクション 中国古代青銅器. 奈良国立博物館, 2002, p.39, no.122.

をもっと見る

奈良国立博物館をもっと見る

キーワード

紀元前 / / / mouth

関連作品

チェックした関連作品の検索