文化遺産オンライン

てい

作品概要

てい

考古資料 / 奈良県

中国・戦国前期 紀元前4世紀

蟠螭紋

高15.1 口径16.1

1個

 春秋期中ごろ以降の鼎(てい)は、多くに蓋がつき、またL字形に曲がった両耳(把手)が口縁の横につくという新しい特徴を持つ。蓋には小さな突起がついていて、逆さに置くと三足つきの浅い皿となるように作られている。本例は戦国~漢代の作品で、蓋上には三体の獣形がついており、蓋上と器身には簡略化した雲雷文(うんらいもん)が飾られている。こうした鼎の両耳や足には非常に精巧な別鋳法(べっちゅうほう)が用いられている。

坂本コレクション 中国古代青銅器. 奈良国立博物館, 2002, p.40, no.134.

をもっと見る

奈良国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 青銅器 / mouth / 紀元前

関連作品

チェックした関連作品の検索