木村嘉平関係資料 きむらかへいかんけいしりょう

歴史資料 / 江戸 / 九州 

鹿児島県
江戸
8336点
尚古集成館 鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
重文指定年月日:19980630
国宝指定年月日:
登録年月日:
株式会社島津興業
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、薩摩藩主島津斉彬の命を受けた三代木村嘉平が作製した活字類、および活字の製作工程等を知ることのできる印刷器具類の一括まとまったもので、印刷関係遺品として注目されるものである。
 製作者の木村嘉平は、幼名を房義と称し、文政六年(一八二三)に江戸神田の小柳町に生まれ、二代目の父・嘉平の死後、一八歳で家業である木版師の三代目を継ぎ、明治十九年(一八八六)に享年六四歳で没した。
 嘉平は、書家・渡邊濳蔵について書を学ぶとともに幕末の三筆の一人であった市川米庵などとも出版を通して交流があり、木版師としては当代の名工として知られる存在であった。
 『木村嘉平献上 安政年間製活字略傳書類全』によれば、安政元年(一八五四)、嘉平二五歳のときにイギリス人のリンドレイ・マレイ著になる『蘭文英文典』(アムステルダム、一八四六年刊)を斉彬から贈与されたことがうかがわれ、当該の『蘭文英文典』は今に活字類、印刷器具類とともに現存している。
 嘉平は、これを機に鉛活字鋳造に取り組むが、鋼鉄製種字を角棒に打ち込む際にこの種字を破損すること、その際に再彫成に多くの時間を要すること、などの理由からさらに創意工夫に励み、開発に取り組んだ。
 その後、斉彬の許可を得た嘉平は、江戸三田の薩摩屋敷でオランダ人について学び、「電胎法」を応用して字母の作製を試み、着手から十余年を経た元治元年(一八六四)に至って活字製作に成功をみた。
 印刷に際しては、これらの活字を植字機を兼ねる小箱に入れ、薄い木片で区切り、活版を組み、平坦な木片をあてがって圧力を加えて行った。
 この活字、印…

作品所在地の地図

関連リンク

木村嘉平関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

薩州鹿児島見取絵図
船大工樗木家関係資料
花鳥図
花鳥図

増山雪斎

駿河版活字〈銅大字八百六十六箇/銅小字三万一千三百箇/木活字五千八百十三箇〉
婚礼調度類〈(徳川光友夫人千代姫所用)/〉
ページトップへ