文化遺産オンライン

薩藩旧記雑録

さっぱんきゅうきざつろく

作品概要

薩藩旧記雑録

さっぱんきゅうきざつろく

その他 / 平安 / 鎌倉 / 南北朝 / 室町 / 安土・桃山 / 江戸 / 明治 / 関東

東京都

平安~明治

362冊

東京大学史料編纂所 東京都文京区本郷7-3-1

重文指定年月日:19970630
国宝指定年月日:
登録年月日:

国立大学法人東京大学

国宝・重要文化財(美術品)

 『薩藩旧記雑録』は薩摩藩の記録奉行であった伊地知季安(一七八二-一八六七)・季通父子の手になるもので、薩摩・大隅・日向三国にまたがる旧薩摩藩領内に関する平安時代末期より明治時代までに至る諸史料を集大成して編年順に収めたものである。『薩藩旧記雑録』には、島津家本(東京大学史料編纂所蔵)以外に内閣文庫本(国立公文書館蔵)、鹿児島県庁本(鹿児島県立図書館蔵)がある。島津家本は原本にあたる伊地知季安・季通父子の自筆草稿本で内閣文庫本に増補修訂を施し、前編四八巻、後編一〇二巻、附録三〇巻、追録一八二巻の全三六二巻からなっている。このうち前編・後編は主として季安、附録・追録は季通の筆になる。
 本書の体裁は袋綴冊子(明朝装)で、表紙は茶染紙、外題は題簽に「〈前/編〉舊記雑録巻『幾』」と墨書する。各編ごとの背書に「舊記雑録 前編 巻『幾』」、下辺小口に「前『幾』」の墨書を確認できる。料紙には楮紙を用いるが、紙質や法量などはさまざまであり、統一性を欠いている。また筆致も書写する数量の多さから倉卒で、正に自筆草稿本としての状態をよく示している。しかし、書写されている文書記録をみると、書写に際して料紙の欠失した部分を点線で表現したり、「キレテナシ」などと細かに注記しているところから原本を忠実に書写する真摯な姿勢がうかがわれる。書写したものの文頭、文末にみられる文書記録類の所在・出典や正本・写本の別、また文中の朱墨注記などは多くが季通筆になるものである。文書記録類に関する考察、考証は「按」「考」として加えており、そのために季安・季通が引用した史料としては、『島…

薩藩旧記雑録をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

文書 / 島津 / 編纂 /

関連作品

チェックした関連作品の検索