幼学指南鈔(巻第七、第二十二中/) ようがくしなんしょう

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 平安 / 近畿 

京都府
平安
2帖
京都府京都市左京区吉田本町
重文指定年月日:20020626
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人京都大学
国宝・重要文化財(美術品)

 『幼学指南鈔』は、国宝『秘府略【ひふりゃく】』に次いで古い平安時代に編纂された漢文の類書である。編者や成立の事情などを明らかにしない。意味分類のもとに、当時の代表的な文献である『毛詩』『礼記』『春秋』『説文』『史記』『漢書』『山海経』など、ことに『文選』を最多引用した漢籍の一大分類文集であり、唐代の類書『初学記』(三〇巻)を参考・基準にして、漢学者の漢文学習教材として編纂した性格がうかがわれる。現存する巻次によって、目録一巻、本文三〇巻の三一帖であったと考えられている。
 『幼学指南鈔』は、本書の一連の古写本が現存するのみである。重要文化財の大東急記念文庫本(六帖)・東京国立博物館本(旧梅沢記念館本、一帖)・陽明文庫本(二帖)と重要美術品のお茶の水図書館本(二帖)、さらに台湾の故宮博物院本(楊守敬旧蔵本、一〇帖)が確認されている。
 本書の体裁は粘葉装。料紙には雲母引の楮紙打紙を用い、押界を施している。首・尾題はない。本文は半葉七行、一行一七字前後に書写する。まず標目を掲げ、次に項目を示す。項目の説明は一字下げにて記す。標目上に朱の丸点が付されている。文中まま加筆、摺消訂正がある。説明の典拠となる本文を示しているが、国書を引かず、和訓も付していない。引用されている書目のなかには、今日佚書となっている逸文を伝えている。佚書として『語林』などが確認できる。
 『巻第七』では「巻第七」と巻次を記し、次いで「人部一」と部名を掲げている。次に「美大夫」「美婦人」などの標目を記載している。同じく「人部二」の記載が続く。
 『巻第廿二』は、表紙に「丗…

作品所在地の地図

関連リンク

幼学指南鈔(巻第七、第二十二中/)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

今昔物語集
万葉集巻第十八(金沢文庫本)
簾中抄
八雲御抄
後拾遺和歌抄〈上下/〉
ページトップへ