輪島塗 わじまぬり

漆芸 

指定年月日:19770425
重要無形文化財

輪島塗は、輪島特産の地【じ】の粉【こ】を用い、漆塗りのみでも三十工程に及ぶ入念な作業により、堅牢で漆独自の色彩光沢を発揮した美しい漆器を製作する技術として高く評価されている。文明八年(一四七六)の輪島市内の重蔵権現講堂の棟札に塗師の名が列記されていることから、当時すでに輪島の漆工業が発展していたことが知られる。輪島における漆器生産の拡大は、次第に生産体制を分業化におしすすめ、江戸時代にすでに六職に分れていた。現在、輪島塗の技術者は、木地部門で椀木地【わんきじ】・曲物【まげもの】・指物【さしもの】・朴木地【ほおきじ】の四職に、髪漆【きゆうしつ】部門で塗師【ぬし】・蠟色【ろいろ】の二職、加飾部門では沈金【ちんきん】・蒔絵【まきえ】の二職、計八職に分業している。

関連リンク

輪島塗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

輪島塗の製作用具及び製品
津軽塗
輪島塗煮物椀制作工程見本
輪島塗煮物椀制作工程見本

輪島塗技術保存会

漆刷毛製作
能登の漆掻きおよび加賀・能登の漆工用具
ページトップへ