一升桝遺跡 いっしょうますいせき

史跡 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 関東 

神奈川県
中世
鎌倉市極楽寺二丁目、極楽寺四丁目
指定年月日:20070206
管理団体名:鎌倉市(平19・6・7)
史跡名勝天然記念物

一升桝遺跡は、神奈川県の南東部に位置し、鎌倉市中央部の西側山稜部に所在する、方形の土塁で囲まれた、交通路を監視・防衛する13世紀後半から14世紀前半頃の城郭遺構である。極楽寺地区と大仏切通を結ぶ尾根道の標高約99mの頂部から約100m南側に下った、標高約86mの尾根の分岐点に立地する。一升桝遺跡の南東側約700m、極楽寺坂南側の山稜部には、稲村路、極楽寺坂関係の防衛施設跡と推定される五合桝遺跡が所在する。「一升桝」「五合桝」は地元の呼称である。
 平成12年に神奈川県教育委員会、鎌倉市教育委員会が実施した山稜部の遺構分布調査、発掘調査によって、旧鎌倉を取り巻く山稜部の防衛的遺構群は、おおむね中世の所産であること、西側山稜部の遺構密度が高いことが明らかにされた。
 一升桝遺跡の土塁は、高さ約1.5mから2.8m、幅約5mから8m、東側32.5m、西側35m、南側27.5m、北側18mで、南側に広がる台形状を呈している。南西隅部だけが幅約3.5m途切れており、出入り口部と推定される。 東側と西側には帯郭状の平場が取り付き、尾根道の遺構と推定される。北側には頂部と桝形北側平場とを区切る幅約6mの堀切が設けられている。
 一升桝遺跡と周辺部で12箇所のトレンチ発掘調査を実施した。北側は掘り残しの削出し土塁、南側は泥岩塊の積み上げ土塁で、最低2回の追加積み上げが行われていた。土塁の内側では明確な遺構は検出されなかったが、13世紀後半の古瀬戸卸皿、かわらけ、常滑甕等の破片が出土した。北側堀切では13世紀後半のかわらけ、常滑壺の破片、14世紀代の中国産…

作品所在地の地図

関連リンク

一升桝遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏法寺跡
名越切通
江馬氏城館跡<BR/> 下館跡<BR/> 高原諏訪城跡<BR/> 土城跡<BR/> 寺林城跡<BR/> 政元城跡<BR/> 洞城跡<BR/> 石神城跡
大友氏遺跡
小国城跡
ページトップへ