鎌倉大仏殿跡 かまくらだいぶつでんあと

その他の画像全8枚中8枚表示

史跡 / 関東 

神奈川県
鎌倉市長谷
指定年月日:20040227
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 鎌倉大仏殿跡は、史跡大仏切通の南東約350m、鎌倉市長谷の谷部に所在し、国宝銅造阿弥陀如来坐像は、鎌倉大仏、露坐の大仏として親しまれている。鎌倉大仏及び大仏殿は、勧進の裁許をはじめ、鎌倉幕府の全面的な支援で造営されたと考えられる。鎌倉大仏は、建長4年(1252)8月17日に鋳造を開始した金銅の「八丈釈迦如来像」(『吾妻鏡』)であるとされており、文永元年(1264)8月在銘の金峰山寺蔵王堂鐘銘に「新大仏鋳物師丹治久友」とあることから、遅くともこれ以前には完成していた。同5年の日蓮書状に「大仏殿別当」とあることから、寺院名は「大仏殿」で、大仏殿建物もこの頃には完成していたと考えられる。
 大仏殿は、嘉元3年(1305)頃に倒壊し、元徳元年(1329)には翌年の関東大仏造営唐船の発遣が決まり(『金沢文庫文書』)、再建が図られたが、建武元年(1334)に大風で倒壊した(『太平記』)。応安2年(1369)にも大風で倒壊し、これ以降は再建の記録がない。文明18年(1486)に大仏を訪れた万里集九は、堂宇はなくて露坐であったと記している(『梅花無尽蔵』)。
 大仏は、南北朝期頃から江戸前期にかけて建長寺の管理下に置かれていた。元禄16年(1703)の大地震で破損したが、正徳2年(1712)に江戸浅草の豪商、野島新左衛門から寺地屋敷等の寄進を受けた増上寺祐天上人によって復興され、別当寺は新左衛門の法名から高徳院と命名された。享保18年(1733)に養国上人が高徳院初代住職となり、元文2年(1737)に大仏修理が行われた。江戸時代初期にはヨーロッパ人宣教師…

作品所在地の地図

関連リンク

鎌倉大仏殿跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正法寺大仏殿
方広寺大仏殿跡及び石塁・石塔
大仏切通
片桐且元書状
絵葉書「箱根町 箱根ホテル全景」
ページトップへ