赤織部亀甲文茶碗 あかおりべきっこうもんちゃわん

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期(17世紀)
静岡県三島市
財団法人 佐野美術館

 赤織部は赤土に白泥と鉄で文様を描くのが特徴。見込みいっぱいに描かれた亀甲文は大胆で、近世初頭のおおらかな気分をよく表している。

作品所在地の地図

関連リンク

赤織部亀甲文茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤織部沓形茶碗
織部片輪車文角鉢
織部角鉢
織部角鉢

美濃

織部扇形向付
織部松皮菱形手鉢
ページトップへ