大乗法界無差別論疏  だいじょうほっかいむさべつろんそ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 日本 

成弁
じょうべん
日本
鎌倉時代/1192
紙本墨書
高30.1㎝ 長1556.2㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-23
根津美術館
重要文化財

『大乗法界無差別論疏』一巻は、華厳宗第三祖を称された唐の賢首大師法蔵(643〜713)の名著で、同宗の深義を明快に論述したものとして知られる。本巻は奥書に「建久三年(1192)極月廿三日亥時許書寫之了 成弁大法師 同廿四日辰時一校了」とあって、高山寺の成弁大法師、すなわち明恵上人(1173〜1232)の書写にかかることを明らかにする。明恵は建久6年に高雄神護寺を辞して紀伊に赴き、華厳宗再興の大誓願を立て、のち高山寺において大成するに至るが、本巻は明恵の比較的若年の筆になり、以後の華厳興隆に果たしたその事跡をたどる上からも、はなはだ貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

大乗法界無差別論疏 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大乗法界無差別論疏〈成弁筆/〉
高弁夢記〈建永二年、承元三年、建暦元年/自筆本〉
類秘抄
写経断簡「釈摩訶衍論(巻第六)」
写経断簡・紺紙金字経「大方広仏華厳経 入法界品第三十四之十四」
ページトップへ