文化遺産オンライン

毘尼母経巻第一

ビニモキョウカンダイ1

作品概要

毘尼母経巻第一

ビニモキョウカンダイ1

縦:27.1cm 横:1280cm

1巻

重要文化財

秦代(350~431)の訳出と思われる、失訳の『毘尼母(びにも)経』八巻を書写したうちの一巻。内容は、経というよりも、『四分律』を依用して広釈したもので、律部に属するもの。写本の表紙のは高弁(明恵)筆の外題があり、建久九年(1198)に成弁が感得したとの奥書によって、本経の伝来が知られる。巻首に「高山寺」の朱印がある。

毘尼母経巻第一をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 高山寺 / 奥書

関連作品

チェックした関連作品の検索