獅子(文殊菩薩像台座) しし(もんじゅぼさつぞうだいざ)

彫刻 / 奈良県 

平安時代 12世紀
木造 檜材 一木造 彩色
総高39.2
1躯
園城寺(滋賀)伝来
重要文化財

 かつて背上に文殊菩薩像(もんじゅぼさつぞう)を載せた獣座としての獅子。滋賀県大津市の園城寺(おんじょうじ)の新羅善神堂(じんらぜんじんどう)伝来といわれる。新羅明神の本地は文殊菩薩であった。体軀(たいく)は群青(ぐんじょう)色、たてがみは緑青(ろくしょう)で彩り、腹部は朱を塗る。腰高ながら、足の筋肉や爪、骨格の表現は写実的である。飛び出た大きな眼、比較的単純な面構成による顔の表情、丸々とした胸など、10〜11世紀の作と考えられる奈良・薬師寺像や京都・東寺像に通ずるところがあり、本像の制作期も従来言われてきた平安末期(12世紀)をさかのぼるとみるべきだろう。

なら仏像館 名品図録. 奈良国立博物館, 2010, p.115, no.151.

作品所在地の地図

関連リンク

獅子(文殊菩薩像台座)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

獅子
如意輪観音坐像
如来立像
多聞天立像
十一面観音立像
ページトップへ