太政官制札 だじょうかんせいさつ

その他 / 明治 

慶応4年(明治元年)/1868年
墨書
全高41.0、全幅104.3(cm)
1札
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

明治新政府が全国各地に掲げた「五榜の掲示」の第4札。新政府は戊辰戦争の一方で新たな国家づくりに着手する。まず、慶応4年(明治元年、1868)3月14日、建国の基本方針となる「五箇条の誓文」を発する。ついで翌15日に「五榜の掲示」を発し、このような制札(高札)を掲げた。庶民一般を対象に、第1・2・3札では人の道を守ることを説き、徒党・強訴・逃散やキリスト教を禁じた。第4札では「王政御一新」に伴い「万国の公法」を遵守することを命じ、外国人の殺害を禁止した。第5札では士民の本国脱出を禁じた。

作品所在地の地図

関連リンク

太政官制札チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御制札之写
太政官高札
菊花紋官軍指揮旗
東京日々新聞 山口県下賊徒追討図
毛理嶋山官軍大勝利之図
ページトップへ