九条頼経袖判下文 くじょうよりつねそではんくだしぶみ

文書・書籍 / 鎌倉 / 新潟県 


越後文書宝翰集(えちごもんじょほうかんしゅう)は全44巻、705通の中世古文書群です。この古文書はそのなかでもっとも古いもので、鎌倉幕府四代将軍の九条頼経が当時の色部氏の当主公長による小泉庄支配を認める内容を示しています。越後文書宝翰集の中には色部氏に関する古文書が多数含まれ、鎌倉時代から戦国時代末期までの歴史をたどることができます。

作品所在地の地図

関連リンク

九条頼経袖判下文チェックした作品をもとに関連する作品を探す

河野家文書写
河野家文書写

足利義晴ほか

平林城跡
上杉家文書
二階堂家文書(四百七十六通)
白河結城家文書
ページトップへ