柳橋水車蒔絵硯箱 りゅうきょうすいしゃまきえすずりばこ

漆工 

日本
江戸時代中期
木製漆塗
24.5×22.1×5.1cm
1

蓋表には梨地を施した上に、高蒔絵、鉛板等を用いて水車、漁師と舟などが描かれ、身には菊や芒等の秋草が配されている。柳と水車の図は、のちに宇治(京都)の景観を装飾化した形で、“柳橋水車”図として完成し、 風絵にも描かれるようになる。

作品所在地の地図

関連リンク

柳橋水車蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

葡萄芒蒔絵硯箱
「柳に水車図・桐花図」杉戸絵
砧蒔絵硯箱
網代柳橋蒔絵文庫(編地柳橋四ツ目紋蒔絵文庫)
夕顔蒔絵硯箱
ページトップへ