天使とトピア てんしととびあ

油彩画 / 昭和以降 / 日本 

村井正誠 (1905-1999)
むらいまさなり
ca.1951
油絵具、カンヴァス
115.9×89.7
神奈川県立近代美術館

 《天使とトビア》は、戦後1950年に村井が自由美術を脱退して、山口薫、荒井龍男、植木茂らとモダンアート協会を結成した頃の作品で、その主題は人間とその人間が織り成すドラマとなった。トビアは、旧約聖書の外典に登場するユダヤの男子の名前で、大天使ラファエルに救われたというこの青年の物語は、西洋古典絵画でも繰り返し描かれてきた主題。そこに決まって登場する魚を、村井も画面中央に描き加えている。大胆な明るい色面の構成の上に、同様に大胆な黒い描線を重ねて躍動感を漲らせたこの作品は、新しい時代のための一種の人間賛歌ともいえるだろう。

作品所在地の地図

関連リンク

天使とトピアチェックした作品をもとに関連する作品を探す

視点B
視点B

鶴岡政男

ヨハネ黙示録(5)
ヨハネ黙示録(5)

ルドン、オディロン

ヨハネ黙示録(11)
ヨハネ黙示録(11)

ルドン、オディロン

ヨハネ黙示録(7)
ヨハネ黙示録(7)

ルドン、オディロン

ヨハネ黙示録(4)
ヨハネ黙示録(4)

ルドン、オディロン

ページトップへ