おつぼ山神籠石出土柱根 おつぼやまこうごいししゅつどちゅうこん

その他の画像全8枚中8枚表示

考古資料 / 飛鳥 / 九州 

不明
佐賀県
古代/7世紀後半
柱根は、3本ともに先端は尖っており、昭和38年の発掘調査においては、柱穴を0.8mほど掘った後、1mほど打ち込んだ状況で検出されている。柱は約10度列石側に傾斜しており、水門石積…
第1号柱根:長さ 96 cm、最大径 21cm
第2号柱根:長さ144 cm、最大径 24 cm 、内部まで亀裂が進行しており、
        割れを防ぐためにステンレスベルトで緊縛している。
第3…
3本
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304番地1
武雄市指定
指定年月日:20120326
武雄市教育委員会
有形文化財(美術工芸品)

参考図書等
・『おつぼ山神籠石 佐賀県武雄市史跡調査報告』 武雄市 昭和40年
・『史跡おつぼ山神籠石 保存管理計画策定報告書』 武雄市教育委員会
                                         昭和53年
・『史跡おつぼ山神籠石(保存管理計画に基づく発掘調査報告)』 武雄市
                                         昭和54年
・『史跡おつぼ山神籠石保存管理計画書』 武雄市教育委員会 2011年
・『広辞苑』第4版 岩波書店1995年

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

おつぼ山神籠石出土柱根チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高良山神籠石
おつぼ山青銅経筒
帯隈山神籠石
女山神籠石
肥前一国絵図・五嶋図及び肥前一国道則帳<BR/>附.絵図箱(肥前一国図在銘)
ページトップへ